商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか?
A衣類はパターン上の数値を記載しています。生地や加工などにより、若干の誤差が生じる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
A原則、正午までのご注文は当日発送、それ以降のご注文については翌日発送いたします。 ※事情により、原則どおり発送できない場合もございます。その場合はSNSなどでお知らせいたします。

配送について

Q配送業者はどこですか?
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい。
A商品が不良品で交換品の在庫が無い場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします(ただし、未使用の状態に限ります)。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい。
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/10/29 09:55

10月31日(土)から11月3日(火祝)の4日間に行う当店のポップアップショップ「Just Right 4 Days」ですが、そこで販売開始となるアイテムがなんとか揃いましたので、かんたんにご紹介します。

その1. AF Anorak


本当は去年リリースするつもりで進めていたのですが、サンプルの修正を繰り返していたら到底冬には間に合わない感じになってしまい、そこから細かいところをさらに詰めて、都合ほぼ2年越しでようやく形になりましたという新型のアノラック。これが作りたくて服を作りはじめたようなものなので、とても思い入れのあるアイテムです。


見る人が見れば一発なんですが、ファットなシルエットに大きめのジップ、太めのスピンドル、両脇のジップ付きポケットといったディテールは、95年頃に一部のインポート屋を風靡した、香水臭くなる前のあのブランドのあれを元にしています。


ただ、取り入れたのはあくまでディテールやニュアンスだけ。元ネタの実物とも20数年ぶりに再会したのですが、生地は表も裏も頼りないことこの上ないし、シルエットもいなたいし、ちょっと今着るのは厳しいかなぁという感じだったので、いい年齢になった自分が100%納得して着られる仕様にブラッシュアップした結果、完全な別物になりました。


とくに生地は、すごくいいものを使っています。ナイロンのアウターだけど、アウトドアっぽくしたくないという気持ちがあり(アウトドアっぽいアウターはアウトドアブランドで買った方がいいに決まってるので)、表地には高密度のナイロンタフタを用いました。いかにもなアウトドア感もなく、かといって高級ダウンブランド的なギラ付き感(偏見)もない、とても上品な生地です。撥水加工もされているので、ちょっとした雨や雪なら防げます。


そして裏地。いわゆるフリース的なものだといまいちイメージに沿わなかったので、肉厚なボアを採用しました。かなりいい値段のする生地なだけあって、アクリル製ですがとても肌触りがよく、化繊にめっぽう弱い超敏感肌の店主でもチクチクしたりピリピリしたりもしません。なにより、めちゃくちゃ暖かいです。
脱着しやすいよう、袖は中綿+ポリ裏地という組み合わせにしています(ここの裏地の質感もとてもよいです)。
リバーシブルではないですが、↑の写真のように、裏側もきれいに仕上げています。

カラーはベージュ、オリーブ、ブラックの3色。裏地は共通でブラウンです。
最高のアウターをいきなり3色確保できてしまったので、こんなに本格的な冬アウターを作ることはしばらくないと思います。
すごく良いものができたと思っているので、ぜひポップアップにてお試しください。
サイズはMからXLまでの3サイズ展開で、価格は35,000円 + TAXです。

その2. Thick Trousers


入荷したてでブツ撮り写真がないのですが、新作のパンツです。
春からずっとLST Painterを気に入って穿きまくっているのですが、15度を下回ってくるともうすこし厚手のボトムが欲しくなるなということで、LST Painterと同じ感覚で穿ける、秋冬向けのパンツを開発しました。

基本的なディテールは、今春リリースしたMil Trousersから引き継ぎつつ、膝のダーツや裾のスピンドルは省き、軍モノのウールパンツ的なイメージでまとめました。いわゆるM-51なんて呼ばれるあのウールパンツ、ぶっといワタリに死ぬほど深い股上という特徴的なシルエットが自分には似合わなすぎてなかなか穿けないんですが、雰囲気は最高で大好きなので、そのニュアンスだけ取り入れた感じです。

シルエットは、完全にLST Painterです。腰穿き対応のゆるめなウエスト(今回はアジャスターで調整できます)や絶妙なテーパード具合も、すべてそのまま移植しました。



172cm、Lサイズ着用です。

肝心の生地についてが最後になってしまいましたが、今回用いたのは、ヨーロッパのワークウェアなんかでよく見られる太番手のコットンサテン。しかも、両面に微起毛加工がされています。かなりきめの細かい起毛で、一般的にはピーチスキンなんて呼ばれたりもしますが、個人的にはプラムスキンと呼びたい感じです。


そしてこの微起毛、とにかく「両面」というのが重要で。表側だけでなく裏側、つまり肌に触れる面も微起毛加工されているので、めちゃくちゃ肌触りが良くて暖かいです。地厚のある生地ですが、穿きづらさは一切ありません。その上頑丈なので、いい具合に経年変化してくれると思います。

カラーは初期RRLのチノパン的(ボタンの感じも意識しました)なアイボリーと、万能なオリーブの2色。サイズはSからXLまでで、価格は16,000円 + TAXです。

その3. Those Days Crew NeckのBlackが再入荷


完売していたThose Days Crew NeckのBlackもこのタイミングで再入荷します。前回と同じくMからXLの3サイズ展開で、入荷数も同じぐらいです。
もしかするともう1色、違う色も間に合うかもしれません。

その他、オンライン店に掲載中のアイテムはすべてお試しいただけます

サイズ欠けしてしまっているものもありますが、現在オンライン店に掲載中のアイテムは、すべてポップアップでも販売いたします。
ぜひ、片っ端からお試しください!

ポップアップ期間の前後はオンライン店を一時休業します

イベントの準備および後始末に伴い、オンライン店は10月29日(木)14時〜11月6日(金)12時の期間、おやすみいたします。
イベントで発売した商品については、6日のオンライン店再開時に発売できる予定です。
なお、イベント期間中に完売した商品については、オンライン店での販売はありません。

こんな時勢とはいえ、実店舗を構えることを目標にやってきていますし、「着心地」とか「質感」みたいな、ネットでは伝わりにくいところばかりこだわりがちということもあり、まずは実際に商品に触れてみていただく、ということを大事にしたいと思っています。

また、買う買わないに関わらず、いくつか試着してみていただければ大体うちのサイズ感を把握いただけると思うので、オンライン店だと判断がつかないとか、「依田くんが着ているサイズはなんですか?」と問い合わせいただくタイプの方(何を買っていただいたかというのは立派な顧客情報ですから、答えられるわけがありません。本当にやめてください)こそ、ぜひ気軽にお越しください。

そして、オンライン店をいつもご利用いただいている遠方のお客様にはご不便をおかけしますが、どうかご理解いただければ幸いです。また、Go Toなんちゃらみたいなものもありますので、なにかのついでにお越しいただけたら最高にうれしいです。

新商品の到着が、初日のオープン時には間に合わない可能性も

新商品はすべて、工場からポップアップ会場へ当日午前着で直送してもらっています。そのため、運送会社の配達が遅れてしまうと、オープン時には間に合わない可能性があります。届かない商品がある場合は当日Instagramでご案内しますが、ゆとりを持っていらしていただければ幸いです。


Just Right 4 Days
Pop Up in Aoyama

2020年10月31日(土)〜11月3日(火祝)
12:00〜20:00

会場:Gallery CREAM
各線渋谷駅 明治通り方面改札口より徒歩10分
各線表参道駅 B1出口より徒歩10分